スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

寝相と心理状態

►2014/08/26 00:41 

前回の記事でも触れましたが
寝相には、その人の心理状態が
あらわれるといわれているそうです。
今回は寝相と心理状態の関連について。


寝ているときには、一晩のうちに何度も寝返りを打ちますが、
寝入るときの寝相は、
寝ている人の性格や心理状態があらわれるといわれています。
睡眠中は、知性や理性が働かなくなり、
人の持つ本来の姿や心理状態があらわれやすいためです。

7c7a294e.jpg


1.王様型
仰向けになって、両手を上に広げた寝相の【王様型】。
自分の個性を認め、それに対して自信を持っています。
世の中に対する影響力も強く、
非常に開放的な性格の人がとりやすい寝相です。


2.抱きつき型
布団や枕などを抱きしめるような寝相の【抱きつき型】。
この寝相は、自分の理想と現実のギャップに苦しんでいる状態、
ひいてはその理想の高さを表しています。
何事にも妥協しない姿勢は
周りからの尊敬やいい結果を生むこともありますが、
いくらやっても満足しない状態に苦しむことも。


3.胎児型
横向きで、体を丸めたような寝相の【胎児型】。
その名の通り赤ちゃんの心理状態に近く
、周りの人や環境に甘えやすく、
自立できていない状態を表します。
あまり生活を楽しめず、
不安や心配事がある人によく見られる寝相です。
基本的に、自分をオープンにさらけ出さないタイプといえるようです。


4.半胎児(横向き)型
横向きになって体を伸ばした寝相の【半胎児型】。
頭や体を横に向け、膝を少し曲げて寝るタイプです。
世間にうまく適応できており、バランス感覚が良好な状態を表し、
部活と勉強、仕事と家庭などをうまく両立できます。
また性格的にもバランスがとれていて
安定している人がとる寝相だといわれています。
常識的な価値観を持っているため状況を
俯瞰して見ることのできる人が多いですが、
バランスを気にするあまり優柔不断な一面もあります。


5.うつぶせ型
ベッドに突っ伏した寝相の【うつぶせ型】。
この寝相は、神経質で繊細な心理状態を表します。
他人が気にしないような些細な発言や行動に傷つくこともありますが、
細かなところまで気配りができるため、
与えられた役割や仕事において周りから高い評価を得られます。
心配事を少なくすることで、ストレスを減らしていくことも必要です。


6.スフィンクス型
ベッドにひざまずき、顔を下につけて寝る【スフィンクス型】。
大人になるとあまり見られないのですが、子供に多い寝相の1つです。
そのため、子供心を忘れず色んなことにワクワクできる反面、
短気で癇癪を起しやすかったり、わがままだったりします。


7.囚人型
仰向けになって、くるぶしを交差させた寝相の【囚人型】。
自分の取り組んでいる仕事や周りの人間関係に
不安を感じている人に見られる寝相です。
ただし、これは自分が勝手に思い込んでいる場合もあるので、
勘違いは禁物。


8.膝立型
仰向けになって足を曲げた寝相の【膝立型】。
気に入らないことや、都合の悪いことに対して我慢ができず、
ついイライラしてしまう人に多い寝相です。
また、記憶力がいいこともこの寝相の特徴。
短気と相まっていやなことをズルズルと
引きずってしまわないように注意しましょう。




いかがでしょうか? 
感覚的にも納得できるような分析結果だと思いませんか? 
もっと詳しく知りたい方は
こちら。
を参考にしてみてください。洋書ですが(+o+)

自分ではなかなかわかりにくいと思いますので、
一度、まわりの人にたずねてみると
自分の意外な面が発見できるかもしれませんよ。
寝相はその時の心理状態も反映するらしいので、
置かれている状況下によって変化がありそうです。
また、恋人や家族の寝相をこっそりとうかがって、
隠れた一面を知るのも楽しいかもしれませんね。


人気ブログランキングに参加してみました。
ご協力よろしくおねがいします♪



人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

睡眠Comment(0) | Top ▲

寝相と老化

►2014/08/23 14:41 


朝起きると首や腰が痛い、体がだるい。疲れがとれない。
そんなときは寝相が原因かもしれません。

寝相の体勢によってはしわなどの老化を招いてしまうことも(+o+)
首や腰に負担のない寝相を知って目覚めを快適に!!

そこで、7つの寝相が引き起こす健康リスクについてご紹介します。

①両腕を脇につけたまま仰向け
この体勢は、就寝時のベストな寝相といわれています。
背骨にほぼ負担がかかりません。
首への負担もかかりませんが、気をつけたいのが枕の高さ。
枕を高くし過ぎると、首への負担となってしまいます。
そして、高すぎる枕は首のしわの原因と言われています。
また、仰向けで眠る人はいびきをかく率が高く、
さらに睡眠時無呼吸症候群と深く関わりがあるともいわれています。


②両腕をあげて仰向け

この体勢は、背中の健康によいとされています。
また、仰向け寝は、顔のシワや湿疹を防ぐのに効果的といわれています。
ただし、両腕をあげて眠ると肩の神経に圧力がかかり、
寝起き時に肩の痛みを引き起こす原因にもなります。


③顔を枕にのせてうつ伏せ
就寝時のうつ伏せ体勢は、消化を促進する効果があります。
けれど、頭をうつ伏せにして枕にのせるため、首に負担がかかり、
さらに背骨の曲線が支えられないため腰痛の原因になってしまうことも。


④肘を丸めて胎児体勢
この体勢は心地よいかもしれませんが、
腰と首の負担を考えると最もオススメできない寝相です。
丸まって眠ることは、就寝時の深呼吸を妨げる原因にもなります。


⑤両腕をしめて横向き
この体勢は、背骨の自然な曲線を支えるため、
背中や首の痛みを軽減する効果があります。
ただし、横向き寝は重力の関係で
シワなど肌の老化現象や胸が垂れ下がる一因にもなるので要注意!


⑥両腕を広げて横向き
この体勢で眠ると、両腕をしめている場合と比べて、
血液の循環が妨げられ、また神経に圧力がかかるため
肩や腕に痛みを引き起こすことがあります。
両腕を前方に伸ばして眠るとさらにそのリスクがさらに高まります。


⑦右側 or 左側を下に横向き
横向きに寝れば、右側も左側も同じと思いがちですが、
実は両者には大きな違いがあります。
右側を下にして横向きに眠ると胸焼けを悪化させる原因に。
逆に左側を下にして横向きに眠ると、肝臓、肺、胃などの内臓器官に負担
かけてしまいます。
妊娠中の女性が左側を下に横向きに眠ると胎児の血液循環が改善されるので
よいとされています。

それぞれにメリットデメリットがあるようです。
毎日8時間前後として人は一生のうちの3分の1を
寝ている計算になります。
寝相ひとつで人生が大きく変わるかもしれません。

快眠を手に入れるためにおすすめのグッズを紹介します。

マットレス派の方



一時期、低反発が流行しましたが、私は高反発をお勧めします。

お布団派の方



雲の上の寝心地!!


また、寝相にはその時々の精神状態も現れるそうですよ。
その話はまた別の機会に。


人気ブログランキングに参加してみました。
ご協力よろしくおねがいします♪



人気ブログランキングへ

睡眠Comment(0) | Top ▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。